高校受験の英語勉強法!

高校生たち

高校受験英語の勉強のやり方を紹介します。

最近の高校入試の英語は長文読解が中心ですね。

それから東京では「英語を話す試験(スピーキング)」も始まります。

東京で始まるスピーキングテストが、全国に広がるのは時間の問題でしょう。

変化する高校入試英語の対策として何をすればいいでしょうか?

リーディングの練習法

長文問題

英語の長文読解は高校入試でメインになってくる分野です。

たくさん練習して不得意にならないようにしたいですね。

長文の読み方(リーディング)のコツを紹介します。

英文の文頭から読む

長文を読むのに時間がかかる人が多いと思います。

時間を短縮するには、文の途中で戻らず一文を一気に読むことが必要です。

一文を一気に読むには、英文を頭から順に訳していくといいです。

例文 I went to a book store / to buy a new magazine.

この英文を文頭から訳していきます。

I went to a book store(私は本屋へ行きました)

to buy a new magazine.(新しい雑誌を買うために)

こんな風にスラッシュで区切りながら、戻らずに訳していきましょう。

これを『スラッシュリーディング』と言います。

長文で単語も覚える!

長文をスラスラ読もうと思うと、単語力が必要になってきます。

「単語をあまり知らないからダメだ~」と落ち込む必要はありません。

長文を読んでいると、分からない単語が出てくると思います。

そんなときこそチャンスです!

わからない単語にチェックをしたりアンダーラインを引いておいて、あとで『全訳』を見ながら意味を確認してください。

意味の確認をしたら、もう一度同じ長文を読んでみましょう。

分からなかった単語の意味がわかれば、覚えたことになります。

単語が分からないからと単語帳をつくるのはおススメしません。

長文を読む練習をしながら、単語力も付けると考えてください。

スピーキングの対策

スピーキングテスト

今後、多くの高校入試でスピーキング試験が導入されていくでしょう。

中学校で機材がそろっているなら学校の授業で練習できますね。

では、自宅でスピーキングの練習をするにはどうしたらいいでしょうか?

私のおススメは『音読』です。

テストで急に英語で話すのは難しいと思います。

ですから、日頃から声に出して英語を読むことが大切です。

学校の教科書を読めば、授業の復習にもなりますね。

だんだんパソコンやスマホでスピーキング練習ができるアプリも登場するでしょうが、それまでは教科書の音読が有効です。

ライティングの練習法

英語ライティング

ライティング(英作文)は、学校の授業での練習だけでは足りません。

たくさん書いて先生に添削してもらいながら上達してくものだからです。

そこでおススメなのが、英検3級のライティング練習です。

英検3級ではライティングのテストは、与えられたテーマで25字以上の英文を書くものです。

英文の構成なども身につくので、とても良い練習になります。

過去問や予想問題で練習して、学校や塾の先生に添削してもらってください。

リスニング対策

リスニング

最後にリスニング対策ですが、これも英検3級のリスニングテストで練習すると良いでしょう。

ただし、最初は速くて聞き取れないかもしれません。

そんなときは英検テキストの『リスニング原稿』を先に読んで、原稿を見ながら聴くといいでしょう。

少し耳が慣れてきたら、原稿を見ないでもう一度聴くといいです。

もしそれでも難しいと感じるようなら、中学校の教科書CDを聴いてみてください。

よく知っている英文なので、聴きやすいと思います。

以上は、うちの子が志望校に合格した教材を参考にしました。

安村先生の『高校受験勉強法』の内容と効果

 

高校受験数学の勉強法

高校受験対策として、数学は何を勉強すればいいでしょうか。

勉強のやり方とアドバイスです。

我が家はこれで合格できました!

安村先生の『高校受験勉強法』

入試過去問から構成を知ろう!

入試問題

高校入試の問題は都道府県によって異なります。

また、私立高校はそれぞれ独自問題で入試をします。

一次関数が毎年出ているとか、円と証明が多いとか、3年分ほど見るとわかってきます。

出題される問題に傾向があるので、傾向を知って対策しましょう。

※ 実際に解いてみるのは12月くらいで大丈夫です。

計算・方程式・関数・図形

数学を解く

数学は大きく、計算・方程式・関数・図形の4つの分野からなっています。

どの分野もバランスよくできるようになることが合格への近道です。

逆に、関数や図形が苦手だとおおきなリスクがあります。

関数や図形は大問で出題されることが多く、20点くらいの配点があるからです。

大きな苦手をつくらないように勉強していくことが大事です。

方程式の文章題

方程式は1年生の1次方程式、2年生の連立方程式、3年生の2次方程式がありますね。

3つのうち、自分の受験校ではどれが出やすいか調べておきましょう。

よく出ているものから順に優先して復習していきます。

方程式の文章題で大事なのは図にしてみることです。

濃度の問題

どんな図でもいいので、文章からわかることを図にしてみましょう。

図にすることで、何と何が等しいのかわかって式を立てやすくなることも多いからです。

すぐにできなくても式の立て方に慣れるために、自分で描いてみましょう。

比例反比例・一次関数・二次関数

関数の分野は大きな山場ですね。

こちらも方程式と同じく、自分でグラフを描きながら考えるといいでしょう。

2次関数

また、問題に書いてある数値を書き込むことも有効です。

数値とは、グラフの式や座標などのことです。

苦手な人は基本問題から復習していきましょう。

最終的に図形がからむ問題を目標にします。

  • 一次関数と三角形の面積・回転体の体積
  • 二次関数と三角形の面積・四角形の面積
  • グラフと円や三平方の定理の融合

これらの応用ができれば、関数はバッチリです。

平面図形・空間図形

図形も1年生の立体から始まって、三年生の三平方の定理まで幅広いです。

これまでの他の分野と同じく、図形も必ず図を描きながら考えます。

合同な図形

合同証明などはパターンが決まっているので、書き方を覚えるつもりで練習するようにしましょう。

面積や体積の公式は覚えていますか?

忘れていたら、練習問題を解きながら公式を身につけていくつもりで。

数学が苦手な人へ

わからない

数学が得意ではない高校受験生にアドバイスです。

ぜひ参考にして志望高校に合格してください!

計算を丁寧に!

数学の基本は計算です。

図形にしろ関数にしろ、計算を使う場合がほとんどです。

せっかく考え方があっていても、計算間違いをすると0点です。

だから、計算は途中をとばさず丁寧にしていきましょう。

苦手分野は基本に戻る!

最初に書いたように、不得意な分野があると高校入試は不利になります。

「合同証明が苦手・・」というふうに不得意がハッキリしている場合は、教科書や問題集の基本問題から復習すれば大丈夫です。

入試当日に「合同証明が出たらどうしよう」と不安になってしまうからです。

また、どんな高校に進学しても数学は必修だからです。

得意を目指さなくてもいいので、「まあ普通」ぐらいを目標に。

それでは、志望校合格を目指してがんばって!