高校受験過去問はいつ・どれくらいやる?

今日は今から準備しておきたい「入試過去問」について。

高校受験生向けの内容となりますが、

1年・2年生の保護者様も参考になさってください。

1、傾向と対策を知る手段。

私立高校は各高校によって、公立は都道府県によって

入試の出題形式がガラリと違います。

例えば、記号で答える問題が非常に多い県もあれば、

自分で答えを記述する問題がほとんどの県もあります。

地元石川は数学でも100点のうち40点以上が文章記述だったりします。

英語にしても、リスニングのあるなし、英作文のパターン、

長文読解の量など、はっきりとした特徴があります。

ですから、過去問をやらずに本番を迎えるのは無謀です。

それは地図も持たずに知らない土地に出かけるようなものです。

2、何年分やればよいか。

私のオススメは直近4年分です。

2年間分は「敵と己を知る」ために使いましょう。

時間を計らずに、自分のペースでじっくり取り組みます。

自分で採点し、作文などは学校の先生に添削してもらいましょう。

2年間分をやってみれば「敵(出題傾向)」を知ることができます。

「こんな感じなんだ・・」とわかります。

なかでも、正解しなかった問題が出てくることでしょう。

正解したこと、正解できなかったことが「己」です。

「己」の弱点が今後の課題となります。

ただし、一部まだ中学校で習っていないところは採点外とします。


時間を計る場合は、時間自由でやるのとは緊張感が違うことでしょう。

それが本番に向けての良い練習になります。

まだ過去問を購入していない場合は、

今のうちに購入しておくことをオススメします。

3、いつやればよいか?

やってみるのは本番1か月~2か月前くらいがよいでしょう。

私の地域は1月最終週に私立入試があるので、

冬休み前後に集中してさせます。

本命の公立は3月なので、私立入試が終わってからします。

1月に入試が始まる地域の方は、

12月中には始めておきたいですね。

もちろん、やりっぱなしではなく

解きなおしは必ずやっておきましょう。

過去問があまりできなくても、

解きなおしをすることで自信に変えてください。

学力はまだまだ伸びます!

中学生の勉強や高校受験・子育てアドバイス一覧

【無料レポート】成績アップの4つのコツ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です