9月からの高校受験勉強法

9月からの高校受験勉強法を紹介します。

————————-

1、順調な科目は入試本番を想定して準備に入る

夏休みの成果が出せた教科は、「より実戦に近い勉強」を増やしていきましょう。

具体的には、公立高校で出題されたレベルの問題演習がよいでしょう。

問題集で<愛媛> <京都>などと書かれていることがありますね?

それは、その都道府県の公立入試で出題された印です。

<石川改>とは、「石川県で出題された問題を少し変えた」という意味です。

夏休み明けテストで70点以上取れていた教科は、入試問題にチャレンジして「攻めの勉強」です。

※ 自分の都道府県の過去問は12月か冬休みくらいに。

2、苦手分野も今なら間に合う

夏休み明けテストが50点以下だった科目。

「苦手な科目はイヤだな・・」

「不得意科目はやる気が起きない」

だれでもそう感じると思います。

でも、高校入試は5科目総得点での競争ですから、少しずつでもいいので復習していきましょう。

特定の分野に大きな穴(不得意)があるというのは、高校入試ではとても怖いことです。

みんながラクに解く問題を落とすと、ライバルとの差が一気に広がるからです。

入試は1点差で合否が決まる無情の世界です。

得意を伸ばすのが攻めならば、不得意をなくすのは「守り」です。

夏休みに頑張ったけれど、全然わからない分野が残ってしまった。

そんな人も教科書レベルに戻って最初からやり直せば大丈夫

市販の問題集も基礎からできるものがあります。

1年・2年の学校のワークをもう一度解き直すのもいいでしょう。

今からでも間に合います。

ご相談はメールで

info@chugakuagaru.com