高校受験生の冬休み勉強法

冬の勉強

【無料レポート】成績アップ4つのコツ!

今日は高校受験生の冬休み勉強法です。

1、生活習慣を守る

当たり前ですが、学校に行くのと同じように起床して、
生活リズムを一定に保ってください。
9:00~12:00は勉強と決めてしまうのがいいでしょう。
そのために年末年始も夜更かしさせないようにして
健康に留意しましょう。

正月番組はダラダラと長く続くので、
一日のうちで観る番組の制限を設けましょう。
ネットやスマホも家族で統一したルールや
使用時間帯を決めるといいでしょう。

子どもには勉強しなさいと言っておきながら、
自分はスマホを触っているのはNGです。

2、朝起きたら日本語を音読する。

これは冬休みから毎朝の習慣にするとよいと思います。
多くの高校入試は1限目が国語です。
昨夜の勉強科目が理科や数学、英語であっても
頭を「国語モード」に切り替えるために行います。
さらに、音読すると脳が活性化するのはご存知の通りです。
新聞の社説がベストですが、難しいと感じるときは
コラム欄や読者投稿欄から一つ選んで読むのもよいでしょう。

3、入試問題を解き、苦手対策

冬休み前から少しずつ入試過去問を解き始めてみましょう。
暗闇の中の見えない敵ほど怖いものはありません。
まず見て、苦手の発見と克服の手段としましょう。
やってみたことがあるお子さんは、
試験時間をシミュレーションしながらやってみましょう。
過去問でなくとも、公立入試レベルの問題をガンガン解く時期です。

4、苦手の克服

どうしてもわからない分野を理解するには、
塾の冬期講習に参加するのも選択肢の一つです。
正月特訓はモチベーションを保つ手段だと考えてください。
友達と集って、合格祈願の参拝に行くのもよいでしょう。

家で頑張るお子さんも多いと思います。
とくに理科・社会・数学で苦手分野がある人は、
学研の「ひとつひとつわかりやすく」シリーズや
くもんの「100%基礎がため」をおすすめします。
学研の方は超基礎からスタートできます。
くもんはスモールステップなので、
今からでも挽回できる可能性があります。
1年生・2年生にもオススメです。

5、お父さん、お母さんはいつも通り

お子さんの受験ということで、お父さん、お母さんは
プレッシャーがかかってくることと思います。
「落ちたらどうしよう・・?」
どうしても悪い想像がふくらみやすいです。
でも、お父さん、お母さんはいつも通りの生活を心がけてください。
一番プレッシャーがかかっているのはお子さん自身だということを忘れないでください。
いつも通りの両親の姿に、お子さんは安心します。

学力はまだ伸びます。
学校の3者面談で「無理」と言われた高校に合格した子を
私はたくさん見てきました。
風邪に気をつけてがんばってください!
本日も長文をお読みいただき、ありがとうございました。

【無料レポート】成績アップ4つのコツ!

勉強のやり方が分からないお子さん!
親の役割を知りたいお父さん・お母さん!

『成績が上がる中学生の勉強法』

無料サンプルはこちら

—————————————-
今からでもベストを尽くそう!
『高校受験合格勉強法』
喜びの声多数掲載!

無料サンプルはこちら

—————————————
英単語・熟語を覚えたいお子さん!
『ニューホライズン練習問題』

『サンシャイン練習問題』

 

高校受験過去問はいつ・どれくらいやる?

今日は今から準備しておきたい「入試過去問」について。

高校受験生向けの内容となりますが、

1年・2年生の保護者様も参考になさってください。

1、傾向と対策を知る手段。

私立高校は各高校によって、公立は都道府県によって

入試の出題形式がガラリと違います。

例えば、記号で答える問題が非常に多い県もあれば、

自分で答えを記述する問題がほとんどの県もあります。

地元石川は数学でも100点のうち40点以上が文章記述だったりします。

英語にしても、リスニングのあるなし、英作文のパターン、

長文読解の量など、はっきりとした特徴があります。

ですから、過去問をやらずに本番を迎えるのは無謀です。

それは地図も持たずに知らない土地に出かけるようなものです。

2、何年分やればよいか。

私のオススメは直近4年分です。

2年間分は「敵と己を知る」ために使いましょう。

時間を計らずに、自分のペースでじっくり取り組みます。

自分で採点し、作文などは学校の先生に添削してもらいましょう。

2年間分をやってみれば「敵(出題傾向)」を知ることができます。

「こんな感じなんだ・・」とわかります。

なかでも、正解しなかった問題が出てくることでしょう。

正解したこと、正解できなかったことが「己」です。

「己」の弱点が今後の課題となります。

ただし、一部まだ中学校で習っていないところは採点外とします。


時間を計る場合は、時間自由でやるのとは緊張感が違うことでしょう。

それが本番に向けての良い練習になります。

まだ過去問を購入していない場合は、

今のうちに購入しておくことをオススメします。

3、いつやればよいか?

やってみるのは本番1か月~2か月前くらいがよいでしょう。

私の地域は1月最終週に私立入試があるので、

冬休み前後に集中してさせます。

本命の公立は3月なので、私立入試が終わってからします。

1月に入試が始まる地域の方は、

12月中には始めておきたいですね。

もちろん、やりっぱなしではなく

解きなおしは必ずやっておきましょう。

過去問があまりできなくても、

解きなおしをすることで自信に変えてください。

学力はまだまだ伸びます!

中学生の勉強や高校受験・子育てアドバイス一覧

【無料レポート】成績アップの4つのコツ!