中学生の国語テスト勉強法!

国語は勉強しても成績が上がらないと思っていませんか?

「国語の点数はセンスで決まる!」なんて言う人もいてアキれてしまいます。

勉強時間をもう少しだけ増やせば、国語も成績は上がります。

国語の点数が上がる中学生の勉強法を3つ紹介します。

1、教科書の要点をつかもう!

多くの中学生が国語の勉強をあまりしない理由は、何を覚えていいかわからないから、ではないでしょうか?

たしかに中学校の授業を聞いていても、わかったような分からないような・・だと思います。

数学のような公式があるわけでもなく、社会のようにほとんどが暗記というわけでもありません。

そこで、教科書の要点をつかむ参考書を紹介します。

教科書ガイドで勉強しよう!

これは「教科書ガイド」です。

中学校で使っている教科書の公式ガイドブックと言っていいでしょう。

この「教科書ガイド」は次のような内容です。

  • 新出語句の説明
  • 小説や物語のあらすじ
  • 説明文や古文の要約
  • 問題の答えと考え方

授業の予習や復習として読んでおくと、学校の授業の理解が深まりますね。

国語以外もあるので、書店で教科書名を確かめてから買ってもらいましょう。

2、読解問題を攻略しよう!

読解問題を苦手としている中学生は多いですね。

読解問題のコツを一つ紹介しますね。

正解の根拠を探そう!

数学の方程式だと、正解がひとつに決まっていますよね?

国語の読解も同じで、正解に根拠が存在します。

なんとなく正解・・ということはないんです。

例えば、主人公の心情の読み取りだと

  • 主人公の言った言葉・行動
  • 主人公のしぐさや表情
  • ストーリーや情景描写

これらの中に正解の根拠を読み取ることができます。

ですから国語も「なぜそれが正解なのか?」本文中に根拠を探すようにして読み取り問題に取り組むようにしてください。

ワークは解答・解説をじっくり読もう!

学校のワークを解いたあとは、解答解説を時間をかけて読みましょう。

なぜなら、解説に正解の根拠が書いてあるからです。

問題を解くときに、自分なりの根拠を探して解きます。

丸つけをするときに、それが正しかったかどうか解説を読みましょう。

3、漢字は満点を取ろう!

テストで漢字は20点分くらい出ますね?

これはやっぱり20点満点を目指して勉強しておきましょう!

漢字習得のコツは、言葉のまとまりで覚えることです。

「和」を例にすると・・

「和む」・「英和」・「平和」・「日和」・「違和感」など。

和、和、和・・と漢字ドリルでひたすら書いてもあまり意味ないです。

しかも、覚えにくく忘れやすい。

それよりも、言葉のまとまりで意味を理解しながら覚えましょう。

その方が大人になったときに、生きた知識として役立ちますよ。

中学生の理科テスト勉強法!

理科勉強法

理科を苦手にしている中学生が増えましたね。

理科が得意になるには、何を意識して勉強すればいいでしょうか?

中学生の理科勉強法を紹介します。

理科のテスト勉強をするときの2つのコツとは?

1、用語の暗記を優先する

理科は大きく分けて「暗記分野」と「理解・計算」があります。

暗記分野は、覚えていたら点数が取れる部分です。

理解・計算分野は、公式で計算したりグラフを読み取ったりする部分です。

天気の分野などは暗記と計算が混ざっていますね。

晴れ・曇りなどの天気の記号は暗記ですが、湿度は計算ですね?

そこで、キミが理科をすごく不得意にしているなら、暗記の部分を先にやって点数を上げましょう!

ワークは3回やる!

暗記を助ける手段は、何といっても反復練習です。

理科・社会のワークは3回繰り返すようにしましょう。

3回やれば、70%~80%は覚えることができますよ。

3回やる手順を説明しますね。

1回目、教科書や答えを見ながらでもOKです。

2回目、答えを隠して、ノートに答えを書いていきます。

3回目、2回目で間違えた問題だけ3回目をする。

このように繰り返してやることで、60点くらいは取れるようになります。

理科が苦手な中学生は、まず暗記の部分を優先してください!

用語集を買ってもらおう!

理科の用語集は持っていますか?

用語を覚えるときに、意味も分からず覚えるのは苦しいと思います。

用語の意味を理解するのに、用語集を買ってもらいましょう。

2、計算問題を攻略する

用語の暗記がだいたい出来たら、計算問題にチャレンジしていきましょう。

まずは公式の暗記ですね。

これは理屈じゃなく世界共通のものなので、覚えてしまいます。

公式を覚える一番の方法は、練習問題を解くことです。

公式の丸暗記はすぐに忘れやすいので、実際に問題を解きながらの方が覚えられ、忘れにくいです。

また、練習問題は難しい応用ではなく、基本問題や例題がいいでしょう。

上のオームの法則の例題です。

電流が2A、抵抗が3Ωのときの電圧はいくらですか?

2A × 3Ω = 6V

このような基本的な問題を解くことで、公式の丸暗記にならずに身につけてゆくことができます。

グラフを読む問題も同様です。

難しいものは手を出さず、例題や基本問題を何度も繰り返し、考え方や解き方を身につけましょう。

理科で80点を目指すなら、記述式挑戦!

理科や社会で80点~90点以上を目指すならば、記述式問題も挑戦したいですね。

記述問題は用語の説明や実験の説明、「なぜ?」を答える問題のことです。

例えばこのような問題です。

問題:この実験で試験管の口を下げておくのはなぜですか?

答え:発生した水が過熱部分に流れて試験管が割れるのを防ぐため。

2年生のテストに出ましたよね?

記述問題で点数が取れるようになれば、80点以上も取れるようになります。記述対策を2つ紹介しますね。

1、教科書と授業ノートをすみずみ読む

記述問題は、教科書や用語集の細かい部分から出ることが多いです。

とくに図表や実験の観察の部分が要注意です。

教科書や学校の授業ノートをすみずみ読み直して、細かいことも覚えていきましょう。

2、記述問題集を買う

最近は書店で「記述問題集」も見かけるようになりました。

学校のワークに出ている記述問題が終わって余裕があったら、市販のものをやってみましょう。

近所の書店にないときは、アマゾンなどで探して買ってもらいましょう。

以上、理科のテスト勉強法を紹介しました。

次のテスト頑張ってね!