安村さんの「高校受験勉強法」で志望校合格できました!

安村高校受験勉強法

子どもが中学1年生の秋ごろに成績が下がりました。

安村さんの「成績が上がる中学生の勉強法」を購入して実践したところ、成績が回復したので、3年生になってから『高校受験勉強法』も購入。

中学1年・中学2年生向け『成績が上がる中学生の勉強法』レビューはこちら

子どもができそうなところ・必要な部分だけ取り入れて実践した結果、見事に志望高校合格!

とても嬉しかったので、『高校受験勉強法』の感想も書きます。

『高校受験勉強法』を購入しました!

購入してから2日で届きました。ゆうパックです。

安村高校受験勉強法

表紙はこんな感じです。

安村高校受験勉強法2

150ページありますが、図やイラストが豊富で読みやすいです。

子どもも「わかりやすい!」と言っていました。

以前に『成績が上がる勉強法』を購入して、安村さんの教材の良さはわかっていました。

今回も大変わかりやすく、目からうろこの部分もたくさんありました。

教材の一部を実践。志望校合格!

教材の最初に書いてあるのですが、教材に書いてあることすべてをやる必要はないと思います。実際できませんでした(笑)。

中学校からもらっている問題集もありますし、日々の宿題も出ます。中間・期末テストの勉強もあるからです。

うちは9月の終わりに購入して10月から始めました。もう少し早くから始めればよかったかもしれません・・。

子どもと一緒に話をして、やるべきことを決めていきました。

なかなか計画通りにいきませんでしたけど、子どもは頑張っていたので「よし」としました。

そして、3月初旬の発表。

合格は嬉しかったです!

やっぱり子どもの笑顔って最高ですね。

迷っている方にアドバイス

安村知倫さんの『高校受験勉強法』を買うか迷っている方に、実際に買ってみた私たちから一言。

お値段以上の価値がある!ということは言えます。

うちの場合は、週に1回だけ塾にも行かせていましたが、塾の回数を増やす経済的な余裕はありませんでした。

塾の回数を無理して増やさず、安村さんの教材を買ってよかったと思います。

子どもにも分かりやすいし、受験を乗り越える『道しるべ』をいただいたと思っています。

メルマガや質問でフォロー

教材を購入すると、週に1回(たいてい土曜日の午後)メールマガジンが届きます。

内容は、勉強に役立つことはもちろん、受験生や親の精神面のフォローやアドバイスです。

このメルマガが的確な時期に届くので、すごく助かりました。

やっぱり高校受験は親も子どもも不安でいっぱいです。

そんな不安をどのように乗り越えたらいいのか・・

また、メールで質問するとその日のうちに返信がありました。

誠実な対応で、大変ありがたかったです。

購入を迷っているなら、お子さんと無料サンプルを見ることをおススメします。

『高校受験勉強法』公式ページはこちら

 

 

 

「成績が上がる中学生の勉強法」知恵袋や口コミは本当?

成績が上がる中学生の勉強法内容

子どもが中学1年の秋ごろから成績がかなり下がったので、インターネットで教材をいろいろ探していました。

そのとき出合ったのが、安村さんの「成績が上がる中学生の勉強法」でした。

半信半疑でしたが、1万円ちょっとで子どもの成績が上がるなら安いと思いました。塾だったら毎月毎月2万円とかですもんね。家庭教師はもっと高い。

ヤフー知恵袋とか他の口コミより、自分と自分の子どもを信じました。

成績が上がる中学生の勉強法表紙

成績が上がる中学生の勉強法内容

子どもと一緒に「なるほど・なるほど」と納得しながら読みました。

けっこうボリュームがありますが、表やイラストもあって読みやすいです。

何より、自分たち親子の勉強法の間違っていた点と効果的な勉強法がわかりました。

「やっぱりプロはちがうな~」と反省しました(笑)。

100点くらい上がりました!

それで、肝心の実践です。

「成績が上がる中学生の勉強法」には多くのことが書いてあるので、子どもと話し合って、できそうなことから始めることにしました。

運動部に入っているので、普段はあまり勉強時間が確保できません・・。

理科・社会のワークの反復と数学の間違え直しノート。

これくらいだったと思います。

親の私は前向きに励ますことくらいしかできませんでしたが、子どもはやるべきことが明確になったので、集中して取り組んでいました。

結果、5教科合計で97点アップできました!

ほっとしたと同時に、がんばった子どもを褒めました。

これで勉強のやり方がわかって、成績はだいたい維持できています。

お子さんの成績のことで悩む親御さんにおススメします。

『成績が上がる中学生の勉強法』公式サイトはこちら