中学1年生・2年生の冬休み勉強法

期末テストが終わったのに合わせるように

「冬期講習」のチラシが毎日入っていますね。

今日は1年生・2年生の冬休み勉強法です。

—————————————-

冬休みは、わからなくなった分野を復習するチャンスです。

2学期は勉強内容が難しくなり、成績を下げる子が多いです。

同時にクラス平均も下がることが多いので、

1学期の成績を維持していればけっこう良いと言えます。

難しい問題を友達に聞いても分からないときは、

塾の講習に参加するのもひとつです。

しかし、まずは学校のもので復習するのがよいでしょう。

成績が下がったからといって、

市販の問題集を買うのはあまりおすすめしません。

学校の宿題(ウィンターワーク)も出るので、

消化不良になる可能性が高いからです。

中途半端になると何も身に付かないばかりか、

自信もなくします。

いくつかアドバイスをお伝えします。

すべて実行する必要はありませんので、

お子さんと相談しながら復習をすすめてください。

 

1、テストの直し

期末テストの直しはしましたか?

まだの人は今すぐ!ですね。

終わっている人も

1学期中間テストから見直しておきましょう。

冬休みに入る前に「何がわかって何ができていないか」を

再確認するためです。

1学期のテスト内容は、もう忘れている頃です。

忘れるのは脳の性質なので、ショックを受ける必要はありません。

復習して賢くなるチャンスと考えてください。

2、ウィンターワークは年内に。

宿題として学校からウィンターワークが出ると思います。

年内に1回目を終らせるようにしましょう。

大晦日や正月は遊びたいでしょうから、それまでに終らせます。

年が明けて1月4日~始業までに間違えた問題の2回目をしましょう。

3、苦手箇所は学校の教科書ワーク

期末テストで点数ががっくり下がった単元は、

冬休み中に復習しておきたいです。

期末テストの振り返りやウィンターワークの課題が出てきたら、

勉強計画を立てましょう。

「がんばる」「わかるようにする」などではなく、

何をどうやって復習するかが大切です。

反比例がわからない→ 教科書の問いをやり直してみる

電流の計算がわからない→ 図にまとめてからワークをする

江戸時代の改革が苦手→ 年表にまとめてからワークを解く

学校ワークをもう一度解くなら、ワークのページも書いて

何をするか決めておきましょう。

具体的に決まっているほど実行に移しやすいからです。

4、年末年始も8時には起床。

中1・中2のお子さんは高校受験の学年ではないため、

年末年始の午前中はずっと寝ている子が多いです。

前日に夜遅くまで長時間の特番テレビを観るからです。

もし年内に学校の宿題が終わらないようなら、

年末年始も午前中の1時間~2時間を勉強にあてましょう。

そして午後はスッキリした気持ちで遊べばOKです。

———————————————-

定期テスト勉強法マニュアルの決定版!

『成績が上がる中学生の勉強法』

『高校受験合格勉強法』

高校受験過去問はいつ・どれくらいやる?

今日は今から準備しておきたい「入試過去問」について。

高校受験生向けの内容となりますが、

1年・2年生の保護者様も参考になさってください。

1、傾向と対策を知る手段。

私立高校は各高校によって、公立は都道府県によって

入試の出題形式がガラリと違います。

例えば、記号で答える問題が非常に多い県もあれば、

自分で答えを記述する問題がほとんどの県もあります。

地元石川は数学でも100点のうち40点以上が文章記述だったりします。

英語にしても、リスニングのあるなし、英作文のパターン、

長文読解の量など、はっきりとした特徴があります。

ですから、過去問をやらずに本番を迎えるのは無謀です。

それは地図も持たずに知らない土地に出かけるようなものです。

2、何年分やればよいか。

私のオススメは直近4年分です。

2年間分は「敵と己を知る」ために使いましょう。

時間を計らずに、自分のペースでじっくり取り組みます。

自分で採点し、作文などは学校の先生に添削してもらいましょう。

2年間分をやってみれば「敵(出題傾向)」を知ることができます。

「こんな感じなんだ・・」とわかります。

なかでも、正解しなかった問題が出てくることでしょう。

正解したこと、正解できなかったことが「己」です。

「己」の弱点が今後の課題となります。

ただし、一部まだ中学校で習っていないところは採点外とします。


時間を計る場合は、時間自由でやるのとは緊張感が違うことでしょう。

それが本番に向けての良い練習になります。

まだ過去問を購入していない場合は、

今のうちに購入しておくことをオススメします。

3、いつやればよいか?

やってみるのは本番1か月~2か月前くらいがよいでしょう。

私の地域は1月最終週に私立入試があるので、

冬休み前後に集中してさせます。

本命の公立は3月なので、私立入試が終わってからします。

1月に入試が始まる地域の方は、

12月中には始めておきたいですね。

もちろん、やりっぱなしではなく

解きなおしは必ずやっておきましょう。

過去問があまりできなくても、

解きなおしをすることで自信に変えてください。

学力はまだまだ伸びます!

中学生の勉強や高校受験・子育てアドバイス一覧

【無料レポート】成績アップの4つのコツ!