中学生の英語テスト勉強法!

英語勉強法

中学生で英語を苦手としている人は必見です。

普段の予習・復習や定期テスト対策、そして高校入試の勉強まで中学生の英語勉強法を紹介。

次のテスト勉強に活かしてください。

読む・聞く・話す・書くの4技能をマスター

現在の小・中・高の英語の勉強は「読む・聞く・話す・書く」の4技能がはかられます。

日頃の勉強もテストも入試もその4つに合わせていくので、4技能を意識しながら勉強するといいですね。

1、英語を読む

最初は英語教科書の音読ですね。

音読は外国語学習の基本で、といっていいでしょう。

英語教科書を「声に出して読む」ことが大事です。

声に出すと脳が活性化して、集中力も増しますよ。

また、音読をたくさんすることで「話す」技能の土台にもなります。

さらに、音読をしっかりできると「聞く」ことも容易になります。

とくに中学1年生は教科書を暗唱することをおススメします。

2、英語を書く

教科書がスラスラ読めるようになったら、教科書の英文や単語を書いて覚えましょう。

英語のテストは英語を書くテストが半分以上だからです。

最初は教科書の基本英文を暗記しましょう。

その単元で学ぶ基本英文ですね。

その次に太字の単語と熟語を練習して暗記します。

余裕があれば、教科書本文もノートに書いて練習しましょう。

3、英語を聞く

英語のテストで「リスニング」は30点くらいでますね。

ですから、リスニングの練習も必ずしておきたいです。

教科書に合わせたリスニングCDも販売されていますし、英検のCDを購入して聴いて練習するのもいいでしょう。

最初に書きましたが、「聞ける」ことは「読める」ことが前提になるので、リスニングが苦手な人は音読の練習を優先させましょう。

4、英語を話す

家庭で「英語を話す」練習をするのは難しいですね。

しかし、2020年の教育改革から中学校でも「英語を話す」テストが導入される可能性があります。

というのも、中学3年生の全国学力調査では英語を話す試験が始まりましたし、東京の都立高校では入試に「話す試験」を取り入れることが決まっているからです。

都市部でスタートしたことは、全国に広がるのは間違いありません。

全国の公立高校入試や定期テストでも「話すテスト」が始まる日は近いと思いますよ。

英語を話す試験の対策は?

話す試験の対策は、くどようですが「音読」です。

音読をよくして英文を暗記していれば、話す方もそれほど難しくありません。

加えて、英検の3級や4級の練習も効果的です。

英検の2次試験は「スピーキング」の試験です。

市販の過去問などで練習するといいですね。

成績で悩む中学生へ勉強で大切なこと

中学生の勉強法

中学生の勉強法を紹介し、成績で悩んでいる子を元気にするブログです。

キミはインプットとアウトプットの違いを知っていますか?

インプットは「入力」です。アウトプットは「出力」です。

テストの成績を上げるには、インプットよりアウトプットをたくさんするといいです。

アウトプットをたくさんすると成績が上がる!

インプットは・・

教科書を読む・学校の授業を聞く・ノートを書く・解き方を教えてもらうなど。

アウトプットは・・

問題を解く・間違えを直す・問題集を解く・小テストをする・人に教えるなど。

では定期テストや高校入試はインプット・アウトプットのどちらですか?

アウトプットできるかどうかを試験するわけですね?

だから、ノートまとめとかよりも問題を解く方に重点を置いた勉強をしてください。

3回くり返して覚える!

私は塾で中学生に勉強指導をしています。

点数を伸ばすのに、ワークを3回繰り返すと確実に成績が上がります。

数学・理科・社会はテスト範囲のワークをやりますよね?

1回目は教科書を見ながらでOK.

2回目からは答えを隠し、何も見ないで解いていきましょう。

すると、覚えきれていない語句や解けない問題が出てくるでしょう。

そこで、間違えた問題だけ3回目を「間違い直しノート」に解きます。

3回目まですれば、ワークの90%の問題は解けるようになるでしょう。

中間期末テストなら、80点は取れるようになるでしょう。