中学生の数学テスト勉強法!

数学勉強法

数学のテストで良い点数を取るための中学生の数学勉強法を紹介します。

数学は大きく「計算分野」・「関数(グラフ)分野」・「図形分野」・「確率統計分野」の4つに分かれています。

各分野の気をつけることや勉強法を紹介しますので、テスト勉強の参考にしてくださいね。

1、計算の分野

中学1年生の計算は「正負の数・文字式・方程式」です。

2年生は「多項式・単項式・連立方程式」、3年生は「平方根と2次方程式」ですね。

これらの計算分野は全てつながっているので要注意です。

つまり、1年生の計算は2年や3年でも使うということです。

だから、1年生の計算ができないと2年と3年もチンプンカンプンです。

基礎ほど大事だし、わからなくなったら前の学年に戻って復習する必要があります。

途中の式をしっかりと書こう!

計算分野で大事なのは、途中の式を丁寧に書き残すこと。

暗算をして間違えるくらいなら、暗算はしない方がいいです。

計算は「計算の仕方」がわかれば数字が変わるだけなので、「計算の仕方」をマスターするためにも、途中をしっかり書いてください。

とくに計算ミスが多い人は、ゆっくり丁寧に計算するように心がけてください。

雑さはケアレスミスのもとです。

2、関数(グラフ)の分野

グラフの問題は、とくに2年生の一次関数から難しくなりますね。

関数の応用問題を解くときは、必ずノートにグラフを書いてみることです。

上の図で「三角形ABDの面積を求めなさい」の問題が出たときは、A、B、Dそれぞれの座標が必要です。

計算してA、B、Dの座標を書くことで、三角形ABDの面積も出せます。

グラフを自分で書いてみて、わかることを書き込むとヒントがわかります。

グラフの傾き=速さ

一次関数の応用では、速さの問題もよく出ます。

速さの基本は「道のり=速さ×時間」の公式ですね。

加えて、グラフが出たら「傾き=速さ」と覚えておきましょう。

例えば、Aさんは自転車で1200mを60分で走った。

その時の速さは1200÷60=20m/分ですね。

この20がグラフの傾きで、式は y=20xとなります。

3、図形の分野

図形でつまづきやすいのは、合同証明ですね。

合同証明もグラフと同じように、必ず図を描くようにしましょう。

自分の手で図を描くことで、問題文の理解が進んだり証明のヒントが見えるからです。

また、証明問題は書き方のパターンが決まっています。

最初から解けなくても大丈夫です。『習うより慣れ』の気持ちで。

解答を見ながら解き、2回目は何も見ないで解いてみるようにすればOKです。

4、確率統計の分野

確率を苦手としている中学生は意外と多いですね。

確率は樹形図を正確に描ければ解けるので、樹形図を描く練習問題をたくさんこなしていきましょう。

苦手な人は教科書の「例題」「問い」から基本を確かめてください。

中学生の英語テスト勉強法!

英語勉強法

中学生で英語を苦手としている人は必見です。

普段の予習・復習や定期テスト対策、そして高校入試の勉強まで中学生の英語勉強法を紹介。

次のテスト勉強に活かしてください。

読む・聞く・話す・書くの4技能をマスター

現在の小・中・高の英語の勉強は「読む・聞く・話す・書く」の4技能がはかられます。

日頃の勉強もテストも入試もその4つに合わせていくので、4技能を意識しながら勉強するといいですね。

1、英語を読む

最初は英語教科書の音読ですね。

音読は外国語学習の基本で、といっていいでしょう。

英語教科書を「声に出して読む」ことが大事です。

声に出すと脳が活性化して、集中力も増しますよ。

また、音読をたくさんすることで「話す」技能の土台にもなります。

さらに、音読をしっかりできると「聞く」ことも容易になります。

とくに中学1年生は教科書を暗唱することをおススメします。

2、英語を書く

教科書がスラスラ読めるようになったら、教科書の英文や単語を書いて覚えましょう。

英語のテストは英語を書くテストが半分以上だからです。

最初は教科書の基本英文を暗記しましょう。

その単元で学ぶ基本英文ですね。

その次に太字の単語と熟語を練習して暗記します。

余裕があれば、教科書本文もノートに書いて練習しましょう。

3、英語を聞く

英語のテストで「リスニング」は30点くらいでますね。

ですから、リスニングの練習も必ずしておきたいです。

教科書に合わせたリスニングCDも販売されていますし、英検のCDを購入して聴いて練習するのもいいでしょう。

最初に書きましたが、「聞ける」ことは「読める」ことが前提になるので、リスニングが苦手な人は音読の練習を優先させましょう。

4、英語を話す

家庭で「英語を話す」練習をするのは難しいですね。

しかし、2020年の教育改革から中学校でも「英語を話す」テストが導入される可能性があります。

というのも、中学3年生の全国学力調査では英語を話す試験が始まりましたし、東京の都立高校では入試に「話す試験」を取り入れることが決まっているからです。

都市部でスタートしたことは、全国に広がるのは間違いありません。

全国の公立高校入試や定期テストでも「話すテスト」が始まる日は近いと思いますよ。

英語を話す試験の対策は?

話す試験の対策は、くどようですが「音読」です。

音読をよくして英文を暗記していれば、話す方もそれほど難しくありません。

加えて、英検の3級や4級の練習も効果的です。

英検の2次試験は「スピーキング」の試験です。

市販の過去問などで練習するといいですね。