高校受験生の冬休み勉強法

冬の勉強

【無料レポート】成績アップ4つのコツ!

今日は高校受験生の冬休み勉強法です。

1、生活習慣を守る

当たり前ですが、学校に行くのと同じように起床して、
生活リズムを一定に保ってください。
9:00~12:00は勉強と決めてしまうのがいいでしょう。
そのために年末年始も夜更かしさせないようにして
健康に留意しましょう。

正月番組はダラダラと長く続くので、
一日のうちで観る番組の制限を設けましょう。
ネットやスマホも家族で統一したルールや
使用時間帯を決めるといいでしょう。

子どもには勉強しなさいと言っておきながら、
自分はスマホを触っているのはNGです。

2、朝起きたら日本語を音読する。

これは冬休みから毎朝の習慣にするとよいと思います。
多くの高校入試は1限目が国語です。
昨夜の勉強科目が理科や数学、英語であっても
頭を「国語モード」に切り替えるために行います。
さらに、音読すると脳が活性化するのはご存知の通りです。
新聞の社説がベストですが、難しいと感じるときは
コラム欄や読者投稿欄から一つ選んで読むのもよいでしょう。

3、入試問題を解き、苦手対策

冬休み前から少しずつ入試過去問を解き始めてみましょう。
暗闇の中の見えない敵ほど怖いものはありません。
まず見て、苦手の発見と克服の手段としましょう。
やってみたことがあるお子さんは、
試験時間をシミュレーションしながらやってみましょう。
過去問でなくとも、公立入試レベルの問題をガンガン解く時期です。

4、苦手の克服

どうしてもわからない分野を理解するには、
塾の冬期講習に参加するのも選択肢の一つです。
正月特訓はモチベーションを保つ手段だと考えてください。
友達と集って、合格祈願の参拝に行くのもよいでしょう。

家で頑張るお子さんも多いと思います。
とくに理科・社会・数学で苦手分野がある人は、
学研の「ひとつひとつわかりやすく」シリーズや
くもんの「100%基礎がため」をおすすめします。
学研の方は超基礎からスタートできます。
くもんはスモールステップなので、
今からでも挽回できる可能性があります。
1年生・2年生にもオススメです。

5、お父さん、お母さんはいつも通り

お子さんの受験ということで、お父さん、お母さんは
プレッシャーがかかってくることと思います。
「落ちたらどうしよう・・?」
どうしても悪い想像がふくらみやすいです。
でも、お父さん、お母さんはいつも通りの生活を心がけてください。
一番プレッシャーがかかっているのはお子さん自身だということを忘れないでください。
いつも通りの両親の姿に、お子さんは安心します。

学力はまだ伸びます。
学校の3者面談で「無理」と言われた高校に合格した子を
私はたくさん見てきました。
風邪に気をつけてがんばってください!
本日も長文をお読みいただき、ありがとうございました。

【無料レポート】成績アップ4つのコツ!

勉強のやり方が分からないお子さん!
親の役割を知りたいお父さん・お母さん!

『成績が上がる中学生の勉強法』

無料サンプルはこちら

—————————————-
今からでもベストを尽くそう!
『高校受験合格勉強法』
喜びの声多数掲載!

無料サンプルはこちら

—————————————
英単語・熟語を覚えたいお子さん!
『ニューホライズン練習問題』

『サンシャイン練習問題』

 

中学1年生・2年生の冬休み勉強法

期末テストが終わったのに合わせるように

「冬期講習」のチラシが毎日入っていますね。

今日は1年生・2年生の冬休み勉強法です。

—————————————-

冬休みは、わからなくなった分野を復習するチャンスです。

2学期は勉強内容が難しくなり、成績を下げる子が多いです。

同時にクラス平均も下がることが多いので、

1学期の成績を維持していればけっこう良いと言えます。

難しい問題を友達に聞いても分からないときは、

塾の講習に参加するのもひとつです。

しかし、まずは学校のもので復習するのがよいでしょう。

成績が下がったからといって、

市販の問題集を買うのはあまりおすすめしません。

学校の宿題(ウィンターワーク)も出るので、

消化不良になる可能性が高いからです。

中途半端になると何も身に付かないばかりか、

自信もなくします。

いくつかアドバイスをお伝えします。

すべて実行する必要はありませんので、

お子さんと相談しながら復習をすすめてください。

 

1、テストの直し

期末テストの直しはしましたか?

まだの人は今すぐ!ですね。

終わっている人も

1学期中間テストから見直しておきましょう。

冬休みに入る前に「何がわかって何ができていないか」を

再確認するためです。

1学期のテスト内容は、もう忘れている頃です。

忘れるのは脳の性質なので、ショックを受ける必要はありません。

復習して賢くなるチャンスと考えてください。

2、ウィンターワークは年内に。

宿題として学校からウィンターワークが出ると思います。

年内に1回目を終らせるようにしましょう。

大晦日や正月は遊びたいでしょうから、それまでに終らせます。

年が明けて1月4日~始業までに間違えた問題の2回目をしましょう。

3、苦手箇所は学校の教科書ワーク

期末テストで点数ががっくり下がった単元は、

冬休み中に復習しておきたいです。

期末テストの振り返りやウィンターワークの課題が出てきたら、

勉強計画を立てましょう。

「がんばる」「わかるようにする」などではなく、

何をどうやって復習するかが大切です。

反比例がわからない→ 教科書の問いをやり直してみる

電流の計算がわからない→ 図にまとめてからワークをする

江戸時代の改革が苦手→ 年表にまとめてからワークを解く

学校ワークをもう一度解くなら、ワークのページも書いて

何をするか決めておきましょう。

具体的に決まっているほど実行に移しやすいからです。

4、年末年始も8時には起床。

中1・中2のお子さんは高校受験の学年ではないため、

年末年始の午前中はずっと寝ている子が多いです。

前日に夜遅くまで長時間の特番テレビを観るからです。

もし年内に学校の宿題が終わらないようなら、

年末年始も午前中の1時間~2時間を勉強にあてましょう。

そして午後はスッキリした気持ちで遊べばOKです。

———————————————-

定期テスト勉強法マニュアルの決定版!

『成績が上がる中学生の勉強法』

『高校受験合格勉強法』