親は最後まで子どもを応援しよう!

高校受験塾面談

【無料プレゼント】成績アップ4つのコツ!

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

——————————–

1、良い面を言ってから改善点を

保護者懇談会をすると、
お子さんの悪い面や足りない点ばかり指摘する方がいます。

親なので目に付いてしまうのかもしれませんが、
悪い点や足りない点を指摘しても何も変わりません。

言われた子どもも、
自分の足りない部分は自覚していますから
自分でわかっていることを他の人から言われたくないものです。

「もっとこうなってほしい」

子どもに望むことがあるならば、
まず子どもの良い面を見て指摘しましょう。

良い部分を褒めてあげたうえで
「こうすればもっと良くなると思うよ」と言いましょう。

そうすれば聞く耳をもってくれて
親子の信頼関係も強くなります。

2、思っても言ってはいけない言葉

高校入試が近づいてきました。

中学校でも三者面談などが行われたと思います。

理解していただきたいのは、
成績は上がったり下がったりを繰り返すということです。

ベストなのは、上がり下がりを繰り返しながら、
全体として上昇していくことです。

5教科合計の偏差値が次のようになっていくとしましょう。

48、55、52、52、57、53、58

これなら最初に比べて偏差値が10もアップしたことになります。

※偏差値とは受験者全体の中での自分の位置で、平均点なら偏差値50です。

上の例で言うと55から下がって52、52と続くと、
「もうダメなんじゃないか・・」という気持ちになるかもしれません。

そんなときは子どもも「もうがんばってもダメかも・・」と思っています。

だから、親が先に

「無理だね」

「下がってる」

「志望校変えたら?」

などと、マイナスの言葉を言うのは絶対に避けてください。

受験なら親も不安になる気持ちは十分に理解できます。

長子さんであれば受験初体験で、なおさら不安でしょう。

ですが、自分の不安な気持ちを子どもに言ってしまわないようにしたいです。

親ならぐっとガマンしてください。

先生や友達より、親に言われるのが子どもは一番こたえるからです。

お子さん自身が

「無理かも」

「下がってる」

「志望校変えたほうがいいかな」

こんなふうに相談してきたら、
はじめて親としての考えを伝えてください。

「最後までがんばってみたら?」

「無理せず一つ下げようか?」

どちらが良い悪いはありません。

家族の皆さんが一緒に考えた結論が、
皆さんにとっての正解だからです。

本日も長文をお読みいただきありがとうございました。

【無料プレゼント】成績アップ4つのコツ!