高校受験の英語勉強法!

高校生たち

高校受験英語の勉強のやり方を紹介します。

最近の高校入試の英語は長文読解が中心ですね。

それから東京では「英語を話す試験(スピーキング)」も始まります。

東京で始まるスピーキングテストが、全国に広がるのは時間の問題でしょう。

変化する高校入試英語の対策として何をすればいいでしょうか?

リーディングの練習法

長文問題

英語の長文読解は高校入試でメインになってくる分野です。

たくさん練習して不得意にならないようにしたいですね。

長文の読み方(リーディング)のコツを紹介します。

英文の文頭から読む

長文を読むのに時間がかかる人が多いと思います。

時間を短縮するには、文の途中で戻らず一文を一気に読むことが必要です。

一文を一気に読むには、英文を頭から順に訳していくといいです。

例文 I went to a book store / to buy a new magazine.

この英文を文頭から訳していきます。

I went to a book store(私は本屋へ行きました)

to buy a new magazine.(新しい雑誌を買うために)

こんな風にスラッシュで区切りながら、戻らずに訳していきましょう。

これを『スラッシュリーディング』と言います。

長文で単語も覚える!

長文をスラスラ読もうと思うと、単語力が必要になってきます。

「単語をあまり知らないからダメだ~」と落ち込む必要はありません。

長文を読んでいると、分からない単語が出てくると思います。

そんなときこそチャンスです!

わからない単語にチェックをしたりアンダーラインを引いておいて、あとで『全訳』を見ながら意味を確認してください。

意味の確認をしたら、もう一度同じ長文を読んでみましょう。

分からなかった単語の意味がわかれば、覚えたことになります。

単語が分からないからと単語帳をつくるのはおススメしません。

長文を読む練習をしながら、単語力も付けると考えてください。

スピーキングの対策

スピーキングテスト

今後、多くの高校入試でスピーキング試験が導入されていくでしょう。

中学校で機材がそろっているなら学校の授業で練習できますね。

では、自宅でスピーキングの練習をするにはどうしたらいいでしょうか?

私のおススメは『音読』です。

テストで急に英語で話すのは難しいと思います。

ですから、日頃から声に出して英語を読むことが大切です。

学校の教科書を読めば、授業の復習にもなりますね。

だんだんパソコンやスマホでスピーキング練習ができるアプリも登場するでしょうが、それまでは教科書の音読が有効です。

ライティングの練習法

英語ライティング

ライティング(英作文)は、学校の授業での練習だけでは足りません。

たくさん書いて先生に添削してもらいながら上達してくものだからです。

そこでおススメなのが、英検3級のライティング練習です。

英検3級ではライティングのテストは、与えられたテーマで25字以上の英文を書くものです。

英文の構成なども身につくので、とても良い練習になります。

過去問や予想問題で練習して、学校や塾の先生に添削してもらってください。

リスニング対策

リスニング

最後にリスニング対策ですが、これも英検3級のリスニングテストで練習すると良いでしょう。

ただし、最初は速くて聞き取れないかもしれません。

そんなときは英検テキストの『リスニング原稿』を先に読んで、原稿を見ながら聴くといいでしょう。

少し耳が慣れてきたら、原稿を見ないでもう一度聴くといいです。

もしそれでも難しいと感じるようなら、中学校の教科書CDを聴いてみてください。

よく知っている英文なので、聴きやすいと思います。

以上は、うちの子が志望校に合格した教材を参考にしました。

安村先生の『高校受験勉強法』の内容と効果

 

中学生の英語テスト勉強法!

英語勉強法

中学生で英語を苦手としている人は必見です。

普段の予習・復習や定期テスト対策、そして高校入試の勉強まで中学生の英語勉強法を紹介。

次のテスト勉強に活かしてください。

読む・聞く・話す・書くの4技能をマスター

現在の小・中・高の英語の勉強は「読む・聞く・話す・書く」の4技能がはかられます。

日頃の勉強もテストも入試もその4つに合わせていくので、4技能を意識しながら勉強するといいですね。

1、英語を読む

最初は英語教科書の音読ですね。

音読は外国語学習の基本で、といっていいでしょう。

英語教科書を「声に出して読む」ことが大事です。

声に出すと脳が活性化して、集中力も増しますよ。

また、音読をたくさんすることで「話す」技能の土台にもなります。

さらに、音読をしっかりできると「聞く」ことも容易になります。

とくに中学1年生は教科書を暗唱することをおススメします。

2、英語を書く

教科書がスラスラ読めるようになったら、教科書の英文や単語を書いて覚えましょう。

英語のテストは英語を書くテストが半分以上だからです。

最初は教科書の基本英文を暗記しましょう。

その単元で学ぶ基本英文ですね。

その次に太字の単語と熟語を練習して暗記します。

余裕があれば、教科書本文もノートに書いて練習しましょう。

3、英語を聞く

英語のテストで「リスニング」は30点くらいでますね。

ですから、リスニングの練習も必ずしておきたいです。

教科書に合わせたリスニングCDも販売されていますし、英検のCDを購入して聴いて練習するのもいいでしょう。

最初に書きましたが、「聞ける」ことは「読める」ことが前提になるので、リスニングが苦手な人は音読の練習を優先させましょう。

4、英語を話す

家庭で「英語を話す」練習をするのは難しいですね。

しかし、2020年の教育改革から中学校でも「英語を話す」テストが導入される可能性があります。

というのも、中学3年生の全国学力調査では英語を話す試験が始まりましたし、東京の都立高校では入試に「話す試験」を取り入れることが決まっているからです。

都市部でスタートしたことは、全国に広がるのは間違いありません。

全国の公立高校入試や定期テストでも「話すテスト」が始まる日は近いと思いますよ。

英語を話す試験の対策は?

話す試験の対策は、くどようですが「音読」です。

音読をよくして英文を暗記していれば、話す方もそれほど難しくありません。

加えて、英検の3級や4級の練習も効果的です。

英検の2次試験は「スピーキング」の試験です。

市販の過去問などで練習するといいですね。